英語を勉強したくない時に思い出したい事。

海外留学
スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語を勉強する理由

英語を勉強する理由って
人それぞれあると思うのですが、
私は英語が話せたら選択肢増えるだろうし
英語話せたらかっこいいな
ってゆう曖昧で漠然とした考えで始めました。

でもそれをよく考えてみたら
日本の人口約1.2億人
英語話す人口約17.5億人
単純に英語を話せることによって言語を使ってコミュニケーションを取れる人が
10倍以上になって、
本当に選択肢、増えるんですよね。

英語を使ってとんでもなく嬉しい気持ちになった話

留学から帰ってきてしばらくした頃、
用事を済ませて帰宅する帰り道で
電車のトラブルが発生しバスで帰らなければならなくなりました。

そこでバスの列に並んでいると迷っている観光客の方がいました。
どうしたのか尋ねると私が向かっていた駅と同じ駅に行こうとしていたので
お話しながら駅まで一緒に行きました。
駅に着くと、
英語が話せる人が全然いなくてどうしようか困っていた。本当にありがとう!
日本人は本当に親切で今まで何回も日本に来ているし絶対にまた来るよ!
と言って去って行きました。

もし英語を勉強していなかったら、どうしたの?と話しかけることもなかっただろうし
聞いても何言ってるか分からなかったら案内することもできなかったかもしれない。
でも、英語を勉強していたおかげで
会話ができて感謝されて
さらには日本をもっと好きになってくれて
日本であの時助けてくれた人がいたっていう誰かの思い出にもなれて
なんか想像してたよりスケールの大きいいいことあるじゃん!
英語勉強しててよかったー!
って思いました。

情報社会で生き残るために

英語で読み聞きができるようになったら
情報の幅もめちゃくちゃ広がります。
私が留学していた時にヨーロッパではテロが頻発していて
現地のトップニュースは
本当に悲惨さが伝わってくるものばかりでした。
そんな時にふと見た日本のネットニュースのトップニュースは
芸能人の不倫のニュースでした。
そんなことどうでもいいからもっと伝えるべきことありませんか!
と思ったのをすごく覚えています。
思い返せば日本で報道される世界のニュースは他人事で全く現実味を感じませんでした。
さらにそんなに大きく報道されずに、次の日には忘れられている。
なんなら、海外で起きた出来事を誰かが日本語に翻訳しない限り何も起きてなかったのと同じことになります。
それって本当にこわい。
今の時代情報が溢れていてどの情報を信じるかは人それぞれの自由ですが、
それが日本語に限定されていては
世界の情報のほんの一部にすぎません
日本に住んでる限り何の問題も無いかもしれませんが、
世界に出た時に浦島太郎状態になってしまいます。

なにより単純に話せる人も読める本も記事も映画も音楽も広がりまくるって
わくわくしません?
英語のモチベーションが保てず停滞期の方、
英語を勉強し始めた理由、初心を忘れず
諦めずに頑張りましょう。きっと続けてればいいことあります。

コメント