留学先で日本人は避けたほうがいい?の疑問に答えます。

海外留学
スポンサーリンク
スポンサーリンク

留学先での日本人との距離感

私が留学先にイギリスを選んだ理由
でも触れたのですが、
私が留学先にイギリスを選んだ理由の一つとして
日本人があまりいない環境で英語をのばしたい!!
という思いが強くありました。
それ故、留学初期は学校で日本人がいても
挨拶をしたり友達にはなりましたが、
なるべくずっとは一緒にいないように心がけていました。

家を選ぶ際も日本人がいないところ、(イギリスではシェアハウスが多いです。)
友達もなるべく日本人以外、
と、なるべく日本語から離れるということを意図的に心がけていました。

もちろん家族との連絡などは日本語でしていましたが、、

だんだん気がつかないうちにストレスがたまる

しばらくして、
日本人の友達ともたまには一緒にランチをしたり、遊びに行ったりすると
それはそれは言葉の壁がなく会話ができるって楽しくて楽しくて
日本人にしか分からないような留学あるある話をして
わかるーーーー!って共感しあったりして
すっごく安心感と開放感がありました。
母国語ではない言語で生活するということは知らず知らずのうちにストレスが溜まるんですね。

英語環境に身を置いて
なるべく日本語から離れてがんばるぞ!
と意気込み実践するのも素晴らしいかと思いますが、
そうとは言っても、やはり気心の知れた友達と話ができるというのはとても心強いです。
さらに同じ環境にいる日本人なら
同じ悩みや思いを持っていたりしますから、
共感して助け合うこともできます
それでなくても慣れない環境で負担がかかっていますから、
頼れる人が近くに少しでもいるかいないかでは大きく違います
私はホームシックにはあまりなりませんでしたが、
ホームシックになった場合も気軽に話せる友達がいると救われると思います。

バランスが大事

私が出会った日本人の中には、
日本人のグループにしか属さず日本語ばかり話して、
この人住む場所を海外に変えただけで日本に住んでるのと同じじゃん、、
なにしに来たの?という人もたしかにいましたので、
(そういう人は大抵長くいても英語を話せていませんでした)
寂しいからといって日本人コミュニティにどっぷり浸かってしまうのはおすすめしません。

自分でバランスをとって、
息抜きをするときはする、
英語漬けにするときはする、
と切り替えすることが大事
です。

せっかくの英語を伸ばすチャンスである海外生活では
チャレンジしつつも息抜きはしっかりして
有意義に過ごせるようにご自身で工夫してみてくださいね!

コメント