英語力を向上させるよりもっと大事なことがあることに気がつきました。

海外留学
スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語を話すのに必要なのは人間性と知識

英語を話せるようになりたい!
と思った時に考えるのは
やはり単語文法リスニング、、
全部できないと英語で会話ができないですよね。

でも、ある程度日常会話ができるようになって
すごく感じたのは
英語力よりも人間性知識が大事だってこと。

人間性

まず日本人同士で会話する時の事を考えてみてください。
お互い日本語が母国語で言語の壁が全くないにも関わらず
話が全然合わない人や、この人の話つまらないなーと思う人に出会ったことは誰でもあると思います。
同じ言語を話す人間同士であったとしても
人間性が合わないと会話ってできないものです。
それと同じで外国人の友達ほしいなと思っても
この人と話すの楽しい!友達になりたいな!と思うような人柄でないと
本当の意味では友達にはなれないですよね。

外国人が日本語を話している時に
完璧な日本語を話していなくても
その人がいい人であれば、仲良くしたいなと思う人であれば、理解しようとするし、
完璧な日本語を話していないことなど気にせず会話を楽しみますよね。
それは逆の立場でも同じことが言えると思うのです。

知識

もう一つ、当たり前なことなのですが、
日本語で話せないことは英語でも話せません。
ある程度日常会話ができるようになってきたら、
少し専門的な話や深い話をできるようになってくると思います。
その場合、その知識自体が無いと会話にならないのです。
それは日本人同士で考えてみても同じかと思いますが、
・今日〇〇に行って楽しかった!
・この映画がおすすめだよ!
・あそこのレストランが美味しいよ!
なんていう会話は誰とでもできます。
では、このような場面ではどうでしょうか。
日本人同士ではあまり話す機会がないかもしれないですが、
普通の会話の中で
・男女平等についてどう思う?
・紛争地帯からの移民についてどう思う?
・日本の原発はどうなってるの?
なんて話題が出てきたらぱっと自分の意見が頭に浮かびますか?
このような、普段友達と議論したりしない話題がでてきても
普段からこのような問題について考えていたりニュースをチェックしたりする方は
自分の意見があると思うので
英語でどうやって言うかわからないにしても
知ってる単語などを駆使してどうにか自分の意見を伝えられます。
ただ、自分の意見が無い場合、英語以前の問題で答えられないのです。

要領よくどっちも手に入れよう!

英語を学ぶということと同時に
人間として、学ばなければならないこと
自分の意見を持つこと
英語を学ぶ事を通して人間性も成長していけたら一石二鳥ですね!

英語という言語を学ぶだけではなく
英語学習を通しての学びも英語学習の醍醐味です!

コメント