【スウェーデン留学】スウェーデン学生ビザの取得方法。(事前準備編)

スウェーデン留学 学生ビザ スウェーデン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スウェーデンに長期留学をする場合はビザが必要

スウェーデンに長期滞在(90日以上)するには、ビザ(居住許可)が必要です。

つまり、スウェーデンに3ヶ月以上の留学をする場合、

ビザ(居住許可)の取得が必須となります。

学生ビザ申請の流れ

スウェーデン 学生ビザ申請

スウェーデンの移民局のホームページからオンラインで申請

提出書類に不備がある場合、追加書類提出

移民局が最終審査をする

居住許可 Yes/No

YESの場合

現地(スウェーデン)の移民局の訪問予約(Web予約)
※ここまでが日本での手続き

スウェーデンに入国後、予約した日に移民局で諸手続き

郵送でカード受け取り

スウェーデン学生ビザ申請の事前準備

スウェーデンの学生ビザは、現在(2019年5月)

学校が始まる日の3ヶ月前にならないと申請できません

3ヶ月より早く申請しても、銀行の残高証明が古すぎるという理由で

却下されてしまうと思います。

必要書類を準備

スウェーデンの学生ビザに必要な書類は、

  • パスポートのコピー(必ず有効期限を確認しましょう)
  • 学校からの入学許可証
  • スウェーデンで有効な保険の証明書
  • 銀行の英文残高証明書
  • a completed questionnaire (other types of studyの場合)
  • 奨学金がある場合はそれを証明できるもの

です。

これらの書類を、3ヶ月前になったらすぐにオンライン申請できるように

事前にしっかり準備しておきましょう

パスポートのコピーと入学許可証はすぐに準備できると思いますが、

  • スウェーデンで有効な保険の証明書
  • 銀行の英文残高証明書

が厄介だったので私が移民局に問い合わせたことなどを参考にしていただければと思います。

スウェーデンで有効な保険の証明書

スウェーデンで有効な海外保険ですが、

The insurance must be valid for the whole period that you will stay in Sweden, and must cover the costs for emergency and other medical care, dental care and hospitalization. The insurance must also cover the cost of a possible return journey home because of medical reasons.

と移民局のホームページに明記されており、

  • 滞在期間を全てカバーしていること
  • 歯科の治療も保証されていること
  • 緊急一時帰国の保証もされていること

と、かなり条件が厳しいです。

一年以上の留学だとスウェーデンのパーソナルナンバーがもらえるので、保険は不要

という情報もあり、私の留学期間は一年以上のため、

ビザ申請に保険が必要なのか、不要なのか確証がなかったので

移民局に直接問い合わせたところ、

初めに対応してくれた人は「一年以上だと海外保険はいらないよ!」

と言われ、移民局の言葉をそのまま鵜呑みにしてはいけないことは

サンボビザ申請の際にわかっていたので、翌日に念の為もう一度問い合わせたところ、

2回目の回答は、「一年以上であっても最初の申請には保険は必須だよ!」

と全く真逆の回答をもらい、余計にわけわからなくなりました。笑

そして学校にも問い合わせたところ、

今までの生徒も保険がいらなかったケースは聞いたことがなく、

保険期間が足りてなくて却下された人もいるから

最初の申請は保険は必要だと思う。という回答をもらい、

ビザがおりずに学校のスタートに間に合わないというリスクを無くしたかったので、

海外保険は入っておくことにしました。(なのでこちらは自己判断でお願いいたします、、)

そしてさらなる問題は、日本で契約できる海外保険を調べると、

一年以上の期間を契約かつ歯科治療保証、緊急一時帰国時の保証がカバーされた保険がなかなか見つからないことです。

ほとんどの保険が一年契約をして、契約が切れる前に更新というパターンでした。

しかし、それだと滞在期間を全てカバーしていること

の項目が満たされない可能性もあるので、一年以上の期間を一気に契約できる保険を探したところ

留学業者を通すと、AIG損保で

一年以上の期間+歯科治療保険+緊急一時帰国費用の契約ができることがわかりました。

いろんな保険会社を調べましたが、私が見つけたのはこの方法一択です。

私はこの方法で全期間分の保険の証明書を提出したのですが、

スウェーデンで有効と明記されていない

という理由で再提出をしなければならなかったので、

保険証明書を発行してもらう際に

This insurance is valid in Sweden.

と明記してもらうように依頼すると確実です。

行の英文残高証明書

銀行の残高証明書の発行の仕方については別記事にまとめていますので参考にしてください。(三菱UFJ銀行の場合)

私はBank Statementの

名前、届出住所、口座種類、残高(スウェーデンクローナ建て)

が記載されたものを用意しました。

ただし、スウェーデン移民局に問い合わせたところ、

通貨は日本円建てでも良いそうです。

また、残高証明の日付は、学校が始まる日の3ヶ月前より後でなければならないようなので、

英文残高証明書の手続きは、学校が始まる日の3ヶ月前の日の翌日に行うのが最短です。(銀行では、申請に行った前日までの残高でしか処理ができないため。)

また、2019年1月以降に申請する人は、

1ヶ月分SEK 8,370以上の残高の証明が必要です。

12ヶ月以上の場合はマイナス2ヶ月分で良いようですが

残高は出来る限り余裕を持っておいたほうが無難です。

スウェーデン 学生ビザ 英文残高証明書

また、必要な金額は毎年変わるようなので必ず移民局のHPを確認してください。
※上記は2019年5月時点のもの

まとめ

スウェーデンの学生ビザ申請に必要な書類は

事前にしっかりと余裕を持って準備しておきましょう。

スウェーデンの移民局は、細かなところまで厳しいです。

  • パスポートのコピー
  • 学校からの入学許可証
  • スウェーデンで有効な保険の証明書
  • 銀行の英文残高証明書
  • a completed questionnaire (other types of studyの場合)
  • 奨学金がある場合はそれを証明できるもの

以上の書類は不備なくきっちり揃えましょう。

条件をきっちり満たした書類が全て揃っていることが、はやくビザを取得するための唯一の方法なので、事前準備は余裕を持って確認しておくことが大事です!!

また、移民局の条件などは変わる可能性があるので
個人でもしっかりと最新情報をチェックしておくことも重要です。

では、次の記事でオンライン申請について説明したいと思います!

コメント