スウェーデンのクリスマスイブの朝に食べるポリッジの作り方

スウェーデン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スウェーデンのクリスマスイブ

スウェーデンでは、クリスマスイブ(12月24日)に

家族揃ってお祝いすることが主流です。

クリスマスイブの朝は

ポリッジ(ミルク粥)を食べることから始まります!

ポリッジ
クリスマスイブの朝に食べるポリッジ

ポリッジにシナモンと砂糖やシロップをお好みでふりかけていただきます。

ひとりだけにアーモンドが隠されていて、

そのアーモンドをゲットした人の願いごとが叶うのだとか。

今回はスウェーデンのクリスマスポリッジの作り方を紹介します。

ポリッジの作り方

スウェーデンのポリッジに使用するのはこちらのお米。

スウェーデン ポリッジ
クリスマスポリッジに使用するお米

Grötrisと言う、普通のお米よりも少し丸みを帯びたお米です。

まずはお米と、お米の二倍の量のお水と塩少々を鍋に入れて、

10分間煮ます。

スウェーデン ポリッジ
クリスマスポリッジの作り方

10分経ったら、たっぷりの牛乳を注ぎます。

牛乳の量は、水の二倍よりも少し多いぐらいの量を入れます。

(水が300mlだったら牛乳は700mlぐらい)

牛乳を入れたら蓋をして弱火にして、45分ほどコトコト煮ます。

スウェーデン ポリッジ
クリスマスポリッジの作り方

弱火で煮続けて、汁気が無くなったら完成。

あとは食べる時まで冷やしておきます。

鍋を外に置いて冷やすのがスウェーデン流。笑

スウェーデン ポリッジ

食べる時は冷たいままか、温めたい人は温めて食べます。

食べるときにさらに牛乳を足して食べる人もいるそうです。

クリスマスイブのデザート

クリスマスイブの食後のデザートには、

このポリッジを使用したRis a la maltaと言うスイーツをいただきます。

リサラマンデ
Ris a la malta

冷たいポリッジに、ホイップクリームとバニラシュガーを混ぜて、

みかんをのせて完成!

お米+クリームなので食後には少し重たいですが美味しいです!

是非スウェーデン流のクリスマス料理試してみてください。



コメント