TOEIC受ける意味ないと思ってた私が受けて良かったと思った理由

海外留学
スポンサーリンク
スポンサーリンク

TOEICなんて受ける意味ないと思ってた

私はもともとTOEIC やIELTSなどの英語の検定を受ける気はさらさらなく、
語学なんてコミュニケーションツールなんだから
テストで測るもんじゃない!
なんて理由つけてテスト勉強するのも面倒くさいし、自分の語学力に点数が付くことも嫌で
しばらく英語のテストから逃げていました。

可視化するメリット

とは言え、何をするにしても
私留学していました!
英語でコミュニケーションとれます!
と言ったところで
どれぐらいできるの?っていうのは他人には分からないし、なんせ説得力もありません。
そしてなんだかんだ
テストの点数を持ってるだけで得することがたくさんあるんですよね。
会社によってはTOEIC何点以上で給与が上がったり、ボーナスが出たり、上のポジションにつけたり
TOEIC 800点以上ありますっていうだけで
勝手に英語がすごいできる人認定されます

モチベーション維持

ある程度英語ができるようになってくると
ふつうにコミュニケーションに困らないし
特に日本にいると、ある程度話せれば十分で
そこからの努力を何か目的がないとできなくなります。(私がそうでした)
そこでテストを受ける日付を決めることで
その日に向かってとりあえず勉強する理由ができます。
するしかない状況に自分を置くのは効果的です。(私のようなめんどくさがりは特に)
せっかく受けるならお金と時間を無駄にしたくないですしね。

そうして私は留学を終えて一年後に初めてのTOEICを受験した

私は留学後一年後にようやく資格のメリットを感じたので、
人生ではじめてのTOEIC を受けました。
結果は820点でした。
留学前に受けていないので比較しようがないのですが、
一年間の語学留学+彼との日常のやりとりで英語を使い続けたのがメインで
TOEICのために猛勉強した訳ではありません。
もちろんテスト前にテストの形式を把握しなければ高得点は取れないので
以下の教材を購入して一通りやりました。

この問題集は本番レベルの模試が7回分あるので、十分練習できるかと思います。
解答に日本語訳もついているので、分からなかった所の確認も一発でできます!
ある程度コミュニケーションが取れるようになっていて、700点以上目指している人はこの問題集で十分かと思います。

リスニングに関しては、こちらで3回分収録されているので、
リスニングの問題形式や流れを把握して練習するにはもってこいです。

そして個人的な意見ですが、
リスニングは、流れを把握するために問題集で練習した方が良いですが、
普段から英語で映画やドラマを見たりpodcastを聞いたりした方が実用的なリスニング力がつくと思います。
ある程度の基礎ができている人は
この2冊をしっかりやる+自分に合う単語を覚えるツール
で800点は超えると思います。

実際TOEIC 820点ってどれぐらいなの?

TOEICで高得点をとったけど、全然話せませんという人はよくいます。
それもそうです。
TOEICはリーディングとリスニングしかありませんから、
TOEICの勉強だけをしていて話せないのは当然です。
私の感覚ですが、TOEIC820点(2017年11月)をとっても
まだまだ知らない単語には出会いまくるし、
英語字幕で映画やドラマをみてもついていけない箇所がたびたびあります
ただ、日常会話は問題無く日常的なトピックのテレビやpodcast はほぼ聞き取れますし、ネットで検索したり本を読んだりできますが、
専門的なトピックや自分が知らない分野の話だと危うい。
という感覚です。

TOEIC よりIELTS

今後も日本から出ないわ。
という方はとりあえずTOEIC のスコアを上げることに専念したほうがいいです。
英語の検定の中では点数を取りやすいですし、準備するのもリーディング、リスニングのみなので比較的楽です。
そして日本の会社はTOEIC を基準にしているところも多いですし、
日本人同士だとTOEICのスコアを聞いたほうがピンと来るでしょう。

ただ、私はヨーロッパに移住予定なので、
選択肢のひとつとして海外の大学や大学院、カレッジなどの入学基準を見たりすると、英語のレベルを証明するにはIELTSかTOEFLの点数が必須です。
就職するにしてもTOEICの点数を言っても
なにそれ?っていうぐらい通用しないので
将来海外で何かしらする予定がある人はIELTSかTOEFLの勉強をしたほうが良いです。
これらの試験はリーディング、リスニングに加えてライティング、スピーキングのテストもあるので難易度が上がり、
高得点を目指して勉強することで全体的なスキルアップも期待できます

それぞれのテストの違いについては調べると色々出てくるので
自分ができそうな方を選べば良いかと思います!

語学の学習は終わりがないですがみなさん頑張りましょう!

コメント