手数料を安く海外送金するならトランスファーワイズがおすすめ!トランスファーワイズの使い方を詳しく解説!

トランスファーワイズ 海外留学
スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外留学やワーホリで簡単・手数料が安い海外送金方法とは?

・留学の学費の支払いで海外の口座に送金したい

・現地で作った銀行口座に日本からお金を送金したい

・留学に行った娘/息子にお金を送りたい

・ワーホリで稼いだお金を日本の口座にお金を送りたい

・インターネットバンクで海外の口座に送りたい

などなど海外留学、海外移住、ワーホリでお金を海外に送りたい場合どうしたらいいの?

とお悩みの方は多いのではないのでしょうか。

日本と海外の口座間でお金を移動させる場合

銀行で送金すると手数料が意外とバカにならない!!

私はスウェーデンへの海外送金方法を探していて、

スウェーデンはクローナという通貨で主流ではないし

手数料を安く抑えて海外に(スウェーデンにも)お金を送れる方法を探していたところ見つけたのが

トランスファーワイズ

という送金方法!

聞いたことないし、本当に大丈夫なの?と思いましたが

トランスファーワイズは、ヨーロッパでは主流のようで、

ヨーロッパからきた職場の同僚もよく使っていると言っていました。

しかもなんと40カ国以上の通貨に対応

かなりマイナーな通貨も対応しているので嬉しい!

さらにサービスは日本語対応しています!

トランスファーワイズ(Transfer wise)ってなに?

トランスファーワイズとは、銀行などの海外送金と比べて非常に割安で海外送金が出来るサービスです。

安さの理由は通常の送金で「隠れコスト」となっている送金レート内の手数料がゼロになっているため、銀行の送金と比べて最大8倍近く安いと言われています。

つまり、手続き手数料を抑え、為替手数料をゼロにした画期的なサービスなのです!!

なぜ手数料が安いかというと、

日本から送金する場合、

日本から海外に送金するのではなく、トランスファーワイズの日本の口座にお金を振り込みます。

そしてトランスファーワイズはその額に相当する額を海外から日本に円を送金したい人を探します。

トランスファーワイズが二国間でどちらのニーズもマッチさせることで

海外送金をせずに国内取引で決済することで、手数料を発生しない仕組みになっているのです。

トランスファーワイズの取引の手順

実際にどのような流れで登録、送金するのか説明していきたいと思います。

最初だけ登録や流れがわかるまで少し大変ですが、一度やると後はすっごく簡単です!

まず最初に利用する際にはアカウント作成が必要です。

私は、アプリをダウンロードしましたが、オンラインでも可能です。

※アプリをダウンロードしておくとスマホひとつで送金可能になるので便利です!

口座開設

トランスファーワイズ

「口座を開設する」から進み、メールアドレス、パスワードを入力して口座を開設。

トランスファーワイズ

すると、トランスファーワイズから入力したメールアドレスに

確認メールが届くので、メールアドレスを確認し、ログインページへと進む。

送金したい額を入力

トランスファーワイズ

次に、送金したい額を入力します。

例えば、10000円送りたい場合「送金額」に10000と入力すると送金先の通貨でいくらになるのか表示されます。

逆に、100ユーロ送りたい場合は送金先の通貨に100ユーロと入力すると日本円でいくら送金すれば良いのか確認できます。

※初めての送金の場合、少額でお試しで送金してみることをおすすめします!

理由は、

初回は為替レート保証が無効だからです!

※為替レート保証とは、送金手続きをしてから2日以内に入金すると、入金時点でレートが上がってまたは下がっていても送金手続きをした時のレートが保証されることです。

さらに、初回は10万円以上の送金は住所確認後しかできません

逆に言えば、初回は10万円以下だと住所確認無しで送金できます。

2回目以降の取引は必ず住所確認が必要となります。

この住所確認は一度だけ済ませれば後は何度でも取引ができます

そして何より、初めての送金は分からないこともたくさんあるかと思いますのでやってみると流れが分かります

私も初回は1000円で試してみました!

必要な自分の情報を入力する

次は、自分の情報を入力していきます。

トランスファーワイズ

個人口座からの送金を選択。

トランスファーワイズ

自分の情報を内容に沿って入力。

トランスファーワイズ

受取人が「自分自身」か「その他」か「法人・慈善事業団体」か選ぶ。

送り先の口座情報を入力

次に、送り先の口座番号などの口座情報を入力します。

トランスファーワイズ

※入力項目は送金先の通貨によって変わります。

本人確認書類をアップロード(初回のみ)

次に、本人確認書類をアップロードします。

・マイナンバー関連書類
・身分証明書(運転免許、パスポート等)

の写真を撮ってアップロードします。

住所確認に必要な書類

送金内容を確認・送金手続き

次に出てくる画面で送金内容・送金先口座が合っているか確認し、

確認ボタンを押して先に進みます。

銀行振込かデビットカード振込か選択画面が出てくるので

銀行振込を選択して「送金する」をクリック

そうすると、トランスファーワイズの銀行振込先が出てきます。

ここからは、普通の国内送金と同じ手順

自分の銀行口座のATMまたはネットバンキングから送金すればOK!

トランスファーワイズ

トランスファーワイズの口座は三菱東京UFJなので

三菱東京UFJの口座をお持ちの方は時間帯によって/ネットバンキングでは手数料無料なのでさらにお得です!

※送金時に、自分の振込人名義の後ろに必ず会員番号も入力してください。

これをしないと本人確認に時間がかかり、送金に時間がかかってしまうこともあります。

例)ヤマダ ハナコ P000000

トランスファーワイズの口座に送金したら、後は待つのみ!

初回の送金で、かつ10万円以下の場合は住所確認をしなくてもここまでの手順で送金完了です!

2回目以降、または初回で10万円以上送金したい場合

2回目以降、または初回で10万円以上送金したい場合は住所確認の作業が必要です。

アカウントを作成した際に入力した住所に

アクティベーションコード(4桁の数字)が郵送で送られてきます。(登録から2〜3営業日後)

自分のアカウントにログインをして「送金情報」のページに

アクティベーションコードを入力する箇所があるので

4桁の数字を入力すると完了です。

トランスファーワイズ

これを済ませれば、2回目以降何度でも簡単に送金することができます。

注意

注意しなければならないことは、

一度の送金限度額は1,000,000円です。

ただ、この額は一度の限度額で、一日の限度額ではないので数回に分ければ1日に1,000,000円以上の送金も可能です。

ただ、その場合、ネットバンキングで送金するにしてもATMから送金するにしても

銀行のATM/ネットバンキングの1日の送金限度額が設定されていることがあるのでご自身で銀行で確認が必要です。

分からないときは?

操作をしていて、送金方法で分からないことや疑問がある場合は

自分のアカウントにある

ヘルプ>メッセージでトランスファーワイズにメッセージを送信できるので質問することも可能です。

私も疑問がありメッセージしましたが、メッセージした当日にトランスファーワイズから回答のメールがきました。(日本語対応しています!

とても親切、丁寧、スピーディーで安心感がありました。

これからは安く、簡単に海外送金!

今まで手数料をたくさん取られていた海外送金ですが

トランスファーワイズを使って送金すると

安く、簡単に海外送金ができるので是非使ってみてください!

コメント