やりたいこと・好きなことが分からない時。

コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

やりたいこと、好きなことがわからない

今やっていることにしっくりきていないし、満足していないけど

何をどう変えたら良いかわからない。

そもそも自分のやりたいことがわからない。

そんなもやもやしていた時に考えたこと、感じたことをまとめてみました。

他人のすごいと自分のすごいは違う

海外に一人で行くなんて不安じゃないの?

言葉も分からなかったらこわくない??

と言われることがある。

自分にとって海外に行く事はごくごく自然なことだった。

なんとなく物心ついた時から自分は海外に行くんだと勝手に思い込んでいた。

ヨーロッパの国を一人で巡った話をすると

勇気あるね!とも言われることがある。

ただ、自分は不安とか全くなくて、わくわくしかしていなかった。

それってたぶん何に関しても言えることで

人がすごいねって言うけど自分にとっては自然なことのようにできることが

その人の強みってことなのかなと。

人と話すことで、自分では当たり前と思っていたことが
他の人にとっては当たり前にできることではなかった
ということに気がつく瞬間が多々ある。

人それぞれ、そんなに苦しい思いをしてるわけじゃないのに
なんかできちゃうこと

もしくは苦しいけどなんかできちゃうことを見つけて、

それをどうして自分はできるのか

それをしている時自分はどう感じているのかを探ってみると

新しい発見があったりするし、それがやりたいこと、好きなことの種になったりする。

自分を知る

そもそもやりたいこととか好きなことって

ある時何か衝撃的に出会って

これ楽しい!好き!!これが私のやりたいことだ!!

みたいな感じで出会うものだと思ってた。

たしかにそういう場合もあると思う。

でもそういう場合は少ない気もする。

だからこそ自分はなかなかもやもやしたものから解放されなかった。

そのもやもやから解放されるには

自分で自分を知ることでしかないと気がつくまで随分と時間がかかった。

過去を振り返ってあれが好きだったなとか

あれをするのが得意だったなとか

そういえばこれをしている時わくわくするなとか

この言葉にわくわくするなとか

自分の行動、考え方、物事への自分の感情を自分で知って

少しずつでも行動を起こすことで

いつか点と点が繋がって自分だけができる何かを

自分の意思で導くことができるのかも、と思ってます。

私はそこにたどり着けるまで諦めずに自分と向き合って学び続けようと思います。

コメント